BMW Club Japan

BMW Club Japan

2013年のニュース一覧

2013.11.15

『2013.11.23-24 BMW Day 2013"Join us 14th"』速報その1

 

20121110_ (87).jpg

 

BMW Day 2013"Join us 14th"へ多数の参加申し込みを頂き、ありがとうございました。

本日をもちまして、申し込みを締切とさせて頂きます。

なお、受理書の発送につきましては、只今準備中となります。

来週以降順次、お送りさせて頂きます。

今しばらく、お待ち頂きますよう、お願い申し上げます。

2013.11.13

【2013.11.23.BMW Trophy Rally 追加イベントのお知らせ】

BMW Trophy Rally追加イベント】

BMW Day 2013 ~Join us 14th~

  

恒例となりましたBMW Day 2013 "Join us 14th"に皆様ご参加のお申込みいただきましたでしょうか。
今回は、いつもと少し趣向を変えましたイベントになっていますが、11月23日(土曜日)に開催予定の

BMW Trophy Rallyイベントの途中に急ではありますが、追加のイベントを組み入れることとしました。
道中にあります「身延町なかとみ和紙の里」に立ち寄りまして希望者の方に「紙漉き」をご体験いただきます。

ご希望される方に伝統の紙漉きを体験しながら皆様の思い思いのデザインで世界に一つだけのうちわを

作成していただきます。


※和紙の里周辺は、1570年に武田信玄公に仕える武士であった望月清兵衛が修善寺方面に従軍した際に、伝統ある修善寺の製紙技術を伝え、その紙を信玄公に献上した時からはじまり、今日まで連綿と続いています。

日   時 : 平成25年11月23日(土曜日)

開催場所 : 身延町なかとみ和紙の里
         山梨県南巨摩郡身延町西嶋345
         ℡ 0556-20-4556
          
http://www.town.minobu.lg.jp/washi/index.php

参加費用 : うちわ漉き   1,500 円 / 1名 当日徴収致します
(事前予約が必要です)


         体験時間約30分 
         その後、乾燥時間に約40分かかりますが、スタッフが八ヶ岳ロイヤルホテルまでお届け致します。

         運営の都合上、BMW Trophy Rally参加の方のみとさせていただきます。


■BMW Trophy Rallyの途中に立ち寄りまして体験いただきます。

紙漉きスケジュール(予定)
13:00 身延町なかとみ和紙の里 到着後に紙漉き体験開始
14:00 身延町なかとみ和紙の里 出発。

■お申込み方法
この用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送にて事務局までお申込み下さい。

11月18日(月曜日)必着お申込みされた方には受理書をもって参加受理とさせていただきます。


20131111H.jpg

2013.11.07

『2013.11.23-24 BMW Day 2013"Join us 14th"』のご案内

20111106A4M3084.jpg

晩秋の候、会員の皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか
恒例となりましたBMW Club Japan イベント「BMW Day 2013"Join us 14th"」のご案内です。
今年は、来年の50 周年へ向けたキックオフイベントとなります。
例年とは、少し趣向を変えまして、皆様とTrophy Rally を楽しみながら八ヶ岳へ向かいたいと思います。
八ヶ岳ロイヤルホテル到着後のBMW Night では、フランス料理のコースをお楽しみいただきます。
今回は、特に世界一のパティシエや伝説のバーマンをお呼びしましてお食事以外もお楽しみいただきます。
24日には、スペシャルゲストといたしまして、当クラブ名誉会員でいらっしゃいます菰田潔(こもだきよし)さんに

『BMWの運転テクニック2013』を教本として、特別講演をしていただきます。
また、ご家族が楽しめるイベントを各種ご用意致しますので多くの皆様のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

2013.11.05

菰田潔さんと行く「BMW Ice Perfection Training 2014」のご紹介

ice_fascination.jpg

 

BMW Ice Perfection Training 2014

 

冬コース 日程/宿泊:2014年2月6日(木)-2月12日(水)(欧州6泊) (トレーニング2/7-2/10)   
  
BMW Club Japanの会員の方々に名誉会員でもある菰田潔(こもだきよし)さんと行くツアーをご案内いたします。
今回は、多くのみなさまからご希望が多かったスウェーデンでの「BMW Winter Training」のご案内です。
BMW Ice Perfection Training3泊4日の1グループ(10名)を日本人向けに確保されました。
なお、今回も菰田潔さんからのご厚意で、会員特典として正会員の方は、3万円割引を受けることが出来ます。

 

BMW Ice Perfection Training 2014       

 主        催:BMW M GmbH BMW Driving Experience        
 トレーニング場所:Sweden Arjeplog(スウェーデン アリエプローグ)        
 トレーニングカー:BMW M3(E92)  スパイクタイヤ        
 インストラクター :菰田潔さん、Robert Fasslさん      
 冬 コース 日程:2014年2月6日(木)〜2月12日(水) (欧州6泊) (トレーニング2/7〜2/10)  
 (3泊4日のBMW M社のウインタートレーニングの前後に宿泊、合計6泊するツアーを作りました。)

 

 ※これは、あくまでも個人旅行ということを理解した上で、お申し込み下さい。        

 

●参加費等:
 ミュンヘン空港 集合・解散   ¥880,000円/人(日本からミュンヘンまでの航空券は含まず)
  (※BMW Club Japan 正会員 ¥850,000円/人 日本からミュンヘンまでの航空券は含まず)

 費用に含まれるもの:BMW M社トレーニング参加費(3泊4日)、日本語インストラクション、
                     ミュンヘン〜スウェーデン往復航空運賃、
                     ミュンヘン/ザルツブルクでの3泊・食事・移動用レンタカー費用。

 

●募集人数:10名       

 

●ご案内(PDFファイル)

  1.ご案内2014BMW IcePerfectionTraining Sweden.pdf 

 

●スケジュール(PDFファイル)

  2.スケジュール2014BMW IcePerfectionTraining Sweden.pdf 

 

●ご興味のある方は、当会事務局まで、Eメール(携帯メール不可)にてお問い合わせ下さい。

 

info@bmwclubs.ne.jp

 

※電子メールにて以下の必要事項をご記入の上、件名を「BMW Ice Perfection Training 2014」として、送信をお願いします。

(会員番号・氏名・住所・連絡先電話番号)

折り返し「3.申込用紙」(エクセルファイル)、「4.登録サンプル」・「5.登録」(PDFファイル)をEメールへ添付してお送りさせて頂きます。
10人限定ですので、早めにお問い合わせ下さい。


komodasan.png  

 

菰田潔です。
  今回は、多くのみなさまからご希望が多かったスウェーデンでのBMW Winter Trainingのご案内です。
  BMW Ice Perfection Trainingの3泊4日の1グループ(10名)を日本人向けに確保いたしました。

  2014年2月 6日(木)の夜にミュンヘン空港に集合
     2月 7日(金)08:40発で、ミュンヘン空港からスウェーデンに向かいます。
     2月 7日(金)から10日(月)までの3泊4日のBMW Ice Perfection Trainingに参加します。
     2月10日(月)18:15着で、ミュンヘン空港に戻ります。
     2月10日(月)から2泊、オーストリアのザルツカマーグートに滞在。
     2月11日(火)はドイツ・ベルヒテスガーデン、オーストリア・ザルツブルク周辺を雪道ドライブ。
     2月12日(水)午後にミュンへン空港で解散。

  という予定です。

  3泊4日のトレーニング期間以外は遅刻、早退は自由です。
  ただし2月10日(月)にミュンヘンに戻ってから日本への帰国便に乗るのは間に合いません。
  2月11日(火)朝ザルツブルク発の便でフランクフルト経由で日本に戻れます。
  この場合12日(水)朝8時すぎに成田、大阪に到着予定です。

  添付ファイルの「1.ご案内」と、「2.スケジュール」をよくお読みください。
  申込される方は、「3.申込書」にご記入ください。
  さらに「4.登録サンプル」をご参照の上、「5.登録」に英語でご記入いただき、
  「3.申込書」「5.登録」を添付ファイルで返信してください。  

  申込は10名で締め切りますので、お早めにお申し込みください。
  何かご質問がありましたら、菰田潔までメールにてお問い合わせください。
  PCアドレス:komodakiyoshi@yahoo.co.jp

  よろしくお願いいたします。

 

ice_perfection.jpgCopyright © BMW Club Japan.All rights reserved (無断複写・複製・転載を禁ず).

2013.11.04

『BMW M FASCINATION NORDSCHLEIFE2013』レポート

BMW M EXPERIENCE.
BMW M FASCINATION NORDSCHLEIFE.
25th August 2013-27th
Report

 

n001.jpg

ドイツ・ニュルブルクリンク ノルドシェライフェで行われるドライビング・エクスペリエンスの最高峰のトレーニング、『BMW M FASCINATION NORDSCHLEIFE2013』に参加してきました。
 

初日(25日 19:00~20:00)、ニュルブルクリンクに隣接のホテル『LINDNER』に到着

 

ロビーにて、参加の受付をしたのちレセプションルームでコースの説明とインストラクターの紹介が行われました。 

n002.jpg

 

ノルドシェライフェ各要所のアイデアルラインの解説や走行のポイント、そして一番重要である安全上のポイント(車両設定、コースの注意箇所等)についてのプレゼンを受けました。
各国から集まった参加者はおよそ80名程。1グループ7~8名で構成され、各グループに専任のインストラクターがつきます。私たちのグループのインストラクターはもちろん菰田潔さん(左から3番目)。日本のBMW Driving Experienceのチーフインストラクターも務められています。
そしてRobert Fasslさん(左から2番目)。BMW AGで車両開発等を担当されているそうです。Robertさんはなんと、今日までノルドシェライフェを100,000周以上走られているそうです。

 

2日目(26日 08:30~17:00)天候:雨 気温:17℃

 

n003.jpg 
いよいよコースを走る日がやってきました。トレーニング・カーはM3。経験者組のAグループと、初心者組のBグループに分かれ、各車2名ずつ乗車しホテルからサーキットの聖地、ノルドシェライフェへ。最初はもちろんAグループからドライビング。

n004.jpgまずは慣熟走行のため、インストラクターに続きコースを1周します。

動画で何度も見た景色が現実に目の前にあります。一番驚いたのはコースの勾配。ネットの動画で見るのとは全く違い、壁のような上り、谷底に吸い込まれそうな下り、コーナーにもうねりが加わっています。路面も補修した継ぎ目や凹凸で荒れているところがあります。
1周約20.8km、172箇所ものコーナー。噂通り本当にすごいコースでした。
ドライでも滑りやすいところもあるというのに、初日は雨。緊張も増します。

n005.jpg慣熟走行の後は、比較的直線のコース利用し、スラロームと急発進・急制動の練習。
ドライバーをBグループに後退し、コースを1周します。ここでいよいよ自分の番です。
先ほど同乗したときコースは覚えているか?
菰田インストラクターがコーナーの特徴や注意点や地名の名前の由来まで解説しながら先導してくれます。さらにアクセル、ブレーキのタイミングやシフトポジションまで。中でもコースの長さから、距離の看板など目印となるものを解説してくれるのは大変ありがたいです。
無事1週終え、その足でセクション・トレーニングの場所に向かいます。セクシヨン・トレーニングはコースを10ブロックに分け、そのブロック内を何度も往復してコースを覚えるというもの。さらに、車を降りてコースのポイントを解説。Robertさんが英語で解説し、菰田さんが日本語に翻訳してくれます。自分の脚でコースに立つと、車に乗っている時では気づかないような傾斜やうねりがあることがわかります。その特徴をうまく利用してよりスムーズにより速く走ることが狙いです。

n006.jpg  

 

n007.jpg

 このように次々と各ブロックを攻略していきます。
パートナーが運転しているときは、同乗してラインを研究。時には外からラインや挙動をチェックします。

 

3日目(27日 08:30~17:00)天候:晴れ


2日目とは打って変わって晴れ。引続きセクション・トレーニングです。
n008.jpg2日目は、バンクの付いた有名なコーナー『カルーセル』のあたりから順次ブロックを移動してきましたが、3日目は、コースのスタート地点『ティアガルテン』からスタート。
ここから下り勾配がメインのコースです。連続コーナーや高速度域からのコーナー進入があるので、的確なブレーキ、ステアリング、アクセルの操作が求められます。車の向きを変えるためのアクセル操作も非常に重要になってきます。
フィナーレは、先導するインストラクター・カーに続き、コースをフルに走行します。セクション・トレーニングでのポイントを思い出しながらいざ。
セクション・トレーニング時に下りの連続コーナーで遅れをとりましたが『ブレーキ→ステア→アクセル』のタイミングに気をつけ、スムーズの曲がることを意識しました。
また、1ステア・アングルのままアクセル・コントロールで車の向きを変えることができ、何とかインストラクター・カーに付いていくことができました。また、前車に集中しすぎず、コースラインを意識して走りました。1週終え、先導車はそのままで後方の車と順番を入れ替えて、もう1周、もっと走りたい気持ちを抑え閉会式を迎えました。

n009.jpg1日中エンジン全開、ハード・ブレーキングで過酷な状況の中、E92 M3はハイ・パフォーマンスを維持していました。改めてこの車の凄さを再認識しました。当たり前ですが、公道より『ここ』が似合う車です。
ドイツでのBMW Driving Experience。ドイツだけでなく、世界中からこのプログラムに参加しにやってきます。そんな中、日本を代表して僕がここにいると言ったら大げさですが、本当に貴重な経験をさせていただきました。
また、是非来年も参加したいです。

                                   大淵 岳

ページトップへ