BMW Club Japan

BMW Club Japan

ニュース

2020.12.10

「BMW ALPINA B3パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞」おめでとうございます!

「BMW ALPINA B3 パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞」おめでとうございます。

「第41回2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、BMW ALPINA B3が「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞となりました。

また、BMW ALPINA B3は、本国のG-COTYにおいても、並みいる強豪をおさえて「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、ダブル受賞となりました。以下は、公式プレスリリースから。


第41回 2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー

受賞に関するプレスリリース

ニコル・オートモビルズ合同会社

COTY 20_21_08.jpg

BMW ALPINA B3がパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

 

この度、「第41回2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」において独国アルピナ社 日本総代理店 ニコル・オートモビルズ合同会社(最高経営責任者C.H. ニコ ローレケ 本社:東京都港区赤坂7-1-15)が輸入販売を行っているBMW ALPINA B3が 「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

2019年11月1日から2020年10月31日の期間に日本国内で発表発売された国産車、輸入車が選考対象となる中、BMW ALPINA B3は一次選考において、日本の本年を代表する「10ベストカー」に選ばれました。

そして、本日開票が行われた最終選考会において、多くの選考委員の方々の共感を得て栄えある「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 

【以下、ニコ ローレケによる受賞コメント要約】

この喜びをドイツのアルピナ創業者ブルカルト・ボーフェンジーペン、そして日本の自動車ファンの皆さまと分かち合いたいと思います。

1979年に日本における一号車となるBMW ALPINA B7 TURBOを輸入して以来、我々ニコル・オートモビルズは日本の自動車ファンの声に応えるかたちで今日までに累計5,655台のアルピナ車をお届けしてまいりました(11月現在)41年前に輸入一号車BMW ALPINA B7 TURBOを私が雨の谷田部でテストした時に感じた驚きと感動は、今回、パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したBMW ALPINA B3にもはっきりと受け継がれています。

日本の自動車ファンの皆さまにBMW ALPINA B3をご紹介できることを光栄に思います。なぜなら、このクルマはあの日の私の心を鷲掴みにしたように、間違いなく皆さまの自動車人生を豊かにしてくれるからです。

 

ちなみに、BMW ALPINA B3はドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー(G-COTY)においても並みいる強豪をおさえ、栄えある「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得しています。自動車大国であるドイツと日本のモータージャーナリストの心をとらえたBMW ALPINA B3はまさしく真のドライバーズカーと呼べるでしょう。

日本の自動車ファンの方々に、アルピナをあらためて紹介する場を設けてくださった日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会および選考委員の皆さまに心より御礼申し上げます。

 

2020年12月7日

ニコル・オートモビルズ合同会社

最高経営責任者

C.H. ニコ ローレケ

 

 

アルピナ公式サイト

https://alpina.co.jp/

https://www.alpina-automobiles.com/de/

日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

http://www.jcoty.org/

alpina_b3.jpg

COTY 20_21_072.jpg

COTY 20_21_120.jpg

COTY 20_21_1801.jpg

COTY 20_21_1802.jpg

COTY 20_21_1803.jpg

COTY20-21_116.jpg

COTY20-21_124.jpg

COTY20-21_126.jpg

ページトップへ